支援制度Support system

イワキでは各種支援制度を導入

支援制度


イワキでは各種支援制度を導入し、社員の就労を支援しています。
業務の性格上、チームワークを乱さない限りは積極的に協力し、大切な人材の一人として対応します。現在のところ、産前産後休暇制度、育児休業制度、育児短時間勤務制度、介護休業制度については、申請をすれば100%取得可能となっております。

   
産前産後休暇制度 産前は出産予定日の6週間(多胎妊娠は14週間)前か ら、産後は8週間までそれぞれ休暇を取得できます。 健康保険から標準報酬日額の3分の2に相当する額 の出産手当金が支給されます。なお、男性社員は、 子供の出生時2日間の特別休暇が与えられます。
育児休業制度 子供が1歳に達するまでの間、保育所へ入所できないなど、一定の条件を満たせば、最長1歳6か月まで休職が可能です。雇用保険から育児休業基本給付金が支給されます。原則として休職直前の部署で、同じ職務に復職できます。男性の取得も可能です。共働きの場合、一定の条件を満たせば、夫婦一緒に取得できます。
育児短時間勤務制度 3歳未満の子供を養育するために、社員という雇用形態のまま、通常勤務(実働7.5時間)より短い時間帯で勤務することができます。
介護休業制度 一定条件に該当する家族の介護をする社員は最長1年間介護休業を取得できます。
マイスター制度 定年退職後、最長5年間まで契約社員として勤務を延長できる制度です。これによりベテラン社員の持つ技術や知識などのマニュアル化できないノウハウが、次の世代への確実に継承されていきます。
エントリーはこちらから